保険 生活

保険のビュッフェ何歳まで?70歳の親でも大丈夫か試してみた口コミ

2017/03/28

私の父は一度がんになっています。しかし5年以上経過しており、現在は元気そのものです。
最近は、がんになったことがある人でも、がんの完治から5年以上経過していれば85歳まで入れる保険があります。アフラックやメットライフアリコなどたくさんの保険会社からそういった病気をした人でも高齢でも入れる保険というのは最近珍しくありません。
父は年齢的にもそろそろ病気も増えてくる頃だと思いますので、医療保険に入っておこうと思いました。
でも、自分でいろんな保険会社を比較するのは正直面倒!
ということで、公平な立場でいろんな保険を比較提案してくれる「保険のビュッフェ」に相談してみることにしました。
しかし、申し込み可能年齢が69歳になっています。
70歳を迎えた父でも保険のビュッフェに相談できるのか?試してみました。

保険のビュッフェは70歳でも申込み出来る?

申し込み時にはネットから生年月日を入力するのですが、70歳になってしまうと、申告できません。
仕方がないので、69歳で申告しました。
%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a72
ネットで申し込んでからすぐに「受付しました」のメールが届き、翌日には担当の方から電話が入りました。
電話の担当の方は50歳代ぐらいで声の大きな元気な男性でした。
その電話で「実は70歳なんです」と打ち明けました。
「そうなんですねー、大丈夫ですよ!こっちで修正して提案書をお持ちしますね」と快く言ってくださいました。
保険のビュッフェは、70歳でも申し込み出来ました!

保険の相談する希望日に合わせて、どこでも訪問してくれます。
道の狭い小さな田舎でも、離島でも全国どこでも来てくれるようです。
うちは過疎地域の小さな村ですが、そんな辺鄙な場所でも躊躇なく来てくれました。
相談日の前日には、確認のメールが届きました。ただ、届いたメールがちょっと・・・。
%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a73
メールを見て不安になりました。
「~」使いすぎじゃないでしょうか。
まだ会ったことない人にこんなメール送られたらちょっと引きます。
しかし、実際会ってみると、銀行勤務を辞めて保険業界に入られたらしく、知識は豊富で、頼れる感じの気さくな方だったので安心しました

保険のビュッフェが自宅訪問!何を用意する?

自宅や近くのファミレスに来てくれるとのことでしたが、私の場合は自宅に来てもらいました。
ポットとキュウスをそばに置いておけばすぐにおかわりを提供出来る煎茶と、せんべい、お饅頭、小さなチョコレート、みかんを用意しました。
c1337303c510400e85b38635d423a9ae_s
実際に、お茶は飲まれましたし、お茶菓子も少し食べてもらえました。

保険のビュッフェがすすめる保険とは?

保険のビュッフェは、たくさんの外資系の保険を取り扱っておられるようです。
今回、実際に持ってこられた資料には、メットライフアリコ、東京海上日動あんしん生命、アフラック、アクサ生命、オリックス生命などでしたが、保険料をおさえるがん保険はアフラックが強いと教えてもらいました。
今回は父のがん保険のみの相談をお願いしていましたが、医療保険や死亡保険なども紹介してくれました。
大量に印刷された見積書の中から実際に提案されたのは3分の1ほどでしたが、けっこう満腹な量でした。
実は、事前にアフラックで資料請求をしていたのですが、資料請求で見た内容よりもいい条件のものを提案していただくことが出来ました。
ですので、やっぱり自分で決めなくてよかったなと思いました。

親の保険の相談のつもりが、私の年金保険の話に話が発展・・・

父の保険相談のはずだったのですが、まったく関係のない個人年金の話もしてくださいました。

【話の内容】
現在、年金は65歳からの支給に繰り上げられました。
これは近いうち67歳に引き上げられる予定です。総理大臣は今まで「公助(おおやけに助ける)」という言葉を使っていましたが、最近は「自助(自分を助ける)」という言葉を使うようになりました。
私たちが老人になったときに年金はもらえないかもしれないと言われていますが、実際にもらえる可能性はかなり低いと言えます。
先日65歳は高齢者に入らないともおっしゃられました。さらに医療保障制度もパンク寸前で、現在病院での治療は3割負担ですが、いずれは5割負担に引き上げられるでしょう。若いうちからの老後の蓄えというのは本当に大事になってきました。
貯金していても、使ってしまったり金利が低かったりでなかなか貯めることは出来ないでしょう。
そんな時は個人年金保険に入っておくのがベストです

というような内容でした。

個人年金保険は、完全に自分のための将来の貯金だということです。
自分でたくさん貯金が出来ない方は個人年金保険に加入しておきましょう。税金対策にもなります。
私は個人年金保険は入っていたものの、受け取りが少なく、安いものに入っていたので、もう1口老後の為に加入することにしました。
父のがん保険の相談をしていたはずが、私も保険に加入してしまうほど、説得力のあるお話しでした。汗

保険のビュッフェのメリット6つ!

自分の探している条件に合った保険を探してくれるので、自分でリサーチする必要がなく手間が省けます
保険のこと以外でも資産運用や、人生設計など、気軽に相談に乘ってくれる。
保険のビュッフェの担当FPは、ノルマがないようで、無理矢理契約させるような勧誘がなです。
なんたって無料
セカンドオピニオン制度が利用できる
注意:利用できない保険会社もあります。担当FPさんに聞いてみましょう。
保険の管理を一元管理!
保険の請求が発生したときに、それぞれの会社に連絡しなくていいんです。
保険のビュッフェの担当FPがすべて手続きしてくれます♪
もちろん見直し時期なども、いっぺんに相談できます。

実際に保険のビュッフェに相談してみた結果

相談してみて思ったことは・・・。
もっと早く相談すればよかったと思いました。
父も70歳になるまでだったら、もっと安くて条件のいい保険があったようでした。
私も個人年金保険はもっと若いうちから安い保険料で加入しておけばよかったです。
時代の流れや、最新の保険についてもいろいろと教えてもらいました。
自分でどんなにリサーチしても、所詮は素人。
本当にこれでいいのか?と迷うこともありますよね。そんなときは専門の人に相談しちゃいましょう。
今入ってる保険とのかねあいも合わせて、提案してくてすごく助かりました。

アフラックやオリックスなど、別々の会社を契約しても、保険のビュッフェのFPの方が管理してくれているので、
見直ししたいときや、保険の請求をする時などは、とても便利だと思いました。
保険のビュッフェの担当の方は、転勤がなく、自分が亡くなるまで一生担当になりますとのこと。
なんとも心強いです。

無理矢理新しい保険を薦めるのではなく、今、加入している保険の良い面や悪い面もきちんと説明して下さいました。
父の保険もそうですが、デメリットもしっかり伝えてくださったので、自分が本当に納得できる保険に加入できました。
もっと早く相談すればよかったです。
私がおすすめする保険のビュッフェはこちらから↓↓


-保険, 生活
-, , ,