クレジットカード 金融

ファミマTカードクレジットのデメリット申し込みに要注意!

ファミリーマートのTポイントカードはコンビニの買い物でTポイントが貯まるし、ツタヤでレンタルも出来るので、とても便利です。
ところがTポイントカードよりもクレジット機能付きのファミマTカードを出したほうがポイントが貯まりやすいです。
ということで、さっそくファミマTカードクレジットカード付きに申し込んでみたら・・・あるデメリットがありました。
そのデメリットとは?
ファミマTカード2

スポンサードリンク

クレジットカードに変更するメリット

ファミマTカードのクレジットカードには、カードの日の火曜と土曜はショッピングポイント3倍とクレジットポイント2倍の合計5倍のポイントがつきます。
水曜日のレディースデーはポイント2倍になります。
25歳以下限定の「若者応援クレジットポイント2倍」というクレジット会員限定特典があります。

そのほか、ポイントカードを出しても店員さんに「この商品はポイントがつきません」と言われてポイントカードを出してしまって恥ずかしい思いをしてしまったあの商品もポイントがつくようになります!
たばこ、切手やはがき、QUOカードやアマゾン・楽天などのショッピングカードや金券、航空券や映画、コンサートなどのチケット類、はこBOONでもポイントがつくようになります。
私はけっこう、はこBOON活用しているのでうれしいです。
よくファミリーマートを活用しているなら、ポイントがたまりやすいクレジットカードにしようと思っちゃう方は多いと思います。

スポンサードリンク

実際にクレジットカードにしてみたら・・・

なんと!届いたカードは「ミニマム・ペイメント」というリボ専用カードだったのです!
3000円以上の買い物をすると、自動的にリボ払いになってしまいます。勝手に金利18%取られてしまいます。
あれ?1万円の買い物をしたのに3000円しか請求が来なかった!ラッキー!
なんて思っている方!要注意です。金利18%分、多く払うことにななんとも恐ろしいカードなのです。
ファミリーマートTカードのクレジットカードを作ろうと思われている方は、このデメリットを考慮したうえで申し込みをするようにしましょう。
ただリボ払いは毎月の支払い額を抑えたい人には、逆に嬉しい機能ではありますので、一概にデメリットとは言えません。
しかもこのリボ払いという支払い方法ですが、もちろんリボ払いにしたくない方のために、全額支払いや1回の支払い額を変更はもちろん自分で変更出来ます。

全額支払いに変更するには

<支払い方法が店頭のファミポートとなっている方>
①クレジットカードでショッピング利用する
②請求がくる
③ファミポートで、「最小お支払い金額」(3,000円)か、「増額してお支払い」か、「全額をお支払い」を選ぶ
④出てきた「Famiポート申込券」を30分以内にレジに持っていきお支払いする
<支払い方法が口座引き落としになっている方>
こちらからいつでも全額支払いに変更出来ます。
新規登録をクリックし、カードと一緒に届いた仮IDと仮パスワードでログインし、自分でIDとパスワードを決めましょう。ログインが出来ればすぐに変更しちゃいましょう。「ずっと全額支払い」をクリックすると変更出来ます。
ファミマTカード1

まとめ

ローソンのポンタカードやセブンイレブンのセブンカードも、申込時リボ払いに設定されていることはありません。
最初からリボ払い設定というのは、ファミマTカードの最大の特徴です。
カードが届いて最初のショッピングをするときは十分に注意しましょう。
特に口座引き落としの場合は期限をすぎると、支払い方法を変更が出来なくなってしまいますのでカードが届いたらすぐに変更するようにしましょう。
このことさえ気を付けていれば安心です。ファミマTカードを賢く利用し、じゃんじゃんポイントをゲットしましょう!

スポンサードリンク

-クレジットカード, 金融
-, ,