美容

DHC口コミ化粧品通販のデメリット5つ。実際に使って検証!

2017/08/28

DHCは化粧品部門もダイエット部門もとても人気がありますね。
私は20代の頃から10年間に渡り、ネット通販でDHCを注文しているのですが、今回は私が実際にDHCの化粧品部門からいろいろと化粧品やスキンケアを使ってみたデメリットを口コミします。
DHCの化粧品をネット通販するか迷っている方は参考にしてください。

スポンサードリンク

DHC化粧品通販のデメリットは?

DHC化粧品のデメリット1
一度ネット通販すると、毎月カタログが送られてくるようになる。
DHCをネットで注文する際、会員登録する必要があります。
これはDHCに限らず、通販ではよくあることです。セシールや、ベルメゾンなども一度会員登録し注文するとDMやカタログが定期的に届くようになってしまいますね。
毎回カタログが来るのはうっとおしいという方は、マイDHCにログインし「会員情報確認・変更」から「会報誌の発送(無料)」を「希望しない」に変更することで、毎月のカタログが届かなくなります。
会員誌が見たいけどゴミになるという方は、DHCのデジタルカタログ(使い方参照)というアプリからカタログがいつでも見れるようになります。

DHC化粧品のデメリット2
発色が薄い。
アイシャドウは色が薄く、何度も重ね付けしなければなかなか色が乗ってくれません。(ファンデーションやマスカラは問題ないです)
目の上の皮膚は薄いのであまりこするとシミになるのが気になります。濃いめのメイクがしたい方は、KATEなどの発色のいいアイシャドウをおすすめします。
ナチュラルメイクが好みの方にはちょうどいいです。

スポンサードリンク

DHC化粧品のデメリット3
3,000円以上買わないと送料がかかる。
70%OFF狙いでほしい商品があったり、1点だけお気に入りの商品を注文したい場合は、送料がかかります。
送料は、3,000円以下のご注文は全国一律500円の送料がかかります。
もし、あと少しで3,000円になるのに!という場合は、70%OFFバナーからお得なSALE品を見てみましょう。

割引率の高い順」で検索すると、お得な商品がたくさん出てきますよ♪

DHC化粧品のデメリット4
DHCは、毎月のように新商品が発売されます。
新しい商品がどんどん出るのでリピートしようとしたときに廃盤になってしまうことがあります。
ディープクレンジングオイルや、オリーブバージンオイル、マイルドローションのような不動の人気商品が廃盤になることはありませんが(リニューアルする可能性はあるかも)、70%OFFで見つけるような商品であれば、リピートできなくなる可能性もあると思います。

DHC化粧品のデメリット5
劣化すると分離したり、においが出ることがあります。
DHCの商品は、ほとんど全部無臭です。
ただ、たまににおいが出ることがあります。DHCの商品は、保存料なしの無添加で肌に優しいものばかりなので、日にちが経つとどうしても劣化してしまいます。
そのことから、明記だけでなくちゃんと保存料を使っていないということがわかります。
ですので、安心して使うことができますね。

まとめ

DHCは、デメリット以上に保存料や添加物が入っておらず、敏感肌でも使えるとてもいい商品です。
オリーブバージンオイルをふんだんに使っており、ほかの美容成分もしっかり使われているのに値段設定も無添加商品にしては低価格です。
毎日使うものだから、肌にいいものを使っていきたいですよね。
DHCを実際に使ってみたそれぞれの化粧品の使い心地や使用感の口コミはこちら

スポンサードリンク

-美容
-, , , ,