生活

コーヒーの美味しい入れ方ポイントはたったの2つ

2016/11/05

コーヒーのおいしさが分からない私。家で飲むことがあったとしてももっぱら、手軽なインスタントコーヒーです。
来週お客様が来る予定なのですが、せめて飲み物は本格的なコーヒーでおもてなししたいもの、
でもおいしいコーヒーを入れられるかが不安です。
やっぱりコーヒーメーカーが必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

35035824_480x319

おいしいコーヒーを入れるには、むしろコーヒーメーカーよりもペーパードリップのほうがオススメです。味だけでなく、入れるときのコーヒーの香りが家の中に漂います。

入れ方一つで味も変わるっていうけど、温度も重要でしょうか?

スポンサードリンク

入れるときのお湯の温度でコーヒーの味が全く変わります。でもいちいち温度を測るなんて
とっても面倒です。注意するのは沸騰後のお湯は、コーヒーの苦味を引き出してしまうため、
避けましょう!沸騰後約30秒後くらいが一番美味しいんです。

お湯の注ぎ方は?

注湯は、1回目は中央にお湯を置くような感じで注ぎます。2~4回目は内側から外側、外側から内側と注ぎます。1回目から2回目、2回目から3回目、3回目から4回目、と、時間を置かずに注湯していきます。コーヒー一杯あたり3、4回に分けて注湯するのがベストです。

コーヒー好きな人でも意外と知らない、美味しいコーヒーの入れ方。ほとんどの人は、自宅でコーヒーを入れるとき自己流なのではないでしょうか?
特に難しい工程も必要なく、ポイントはたったの二つ。
沸騰後30秒で1回目の注湯をはじめて、あとは注ぎ方だけ。
これだけで家の中に漂うコーヒーの香りと味が異なります。喫茶店のコーヒーを自宅で楽しめますよ。

スポンサードリンク

-生活
-,