イルミネーション 行事

東京ドイツ村イルミネーション混雑ストレス回避ポイント3つ

クリスマス時期の東京ドイツ村は、おそろしいほど混みます。
入園に1~2時間ほど、ひどいとIC出口から混み始めます。
退園しようとしてから高速道路に乗るまでに、1~2時間ほどかかることもざらにあります。

それでも関東三大イルミネーションに認定された東京ドイツ村で、
恋人と素敵なデートがしたい…という方に3つのアドバイスをお送りしたいと思います。

スポンサードリンク

東京ドイツ村、混雑必至のクリスマスでも行きたい!!

1.早めの入園

暗くなる前に入場しておくことがベストです。
冬であればあっという間に暗くなりますし、点灯時間は16時です。
夕暮れどきからキレイに見ることができます。

スポンサードリンク

2.早めの退園

帰りが遅くなると本当に混雑します。
まず、東京ドイツ村を出られません。
やっと出られても、前に進みません。
警備員の方が、迂回経路の記載された地図をくれますが、そちらもやはり渋滞…。
19時頃には早々に退園した方が吉です。

3.最大のポイント!車を停める位置

これまでのアドバイス、当たり前の話ですよね。
3点目は、車を停める位置にあります。
これだけで、ストレスがぐっと減ると思いますので、要チェックです!
東京ドイツ村内には駐車場が点在しています。
普通に考えれば、イルミネーションに近いところに車を停めたいですよね。
それをぐっと我慢して、出口付近に停めるのです。
出口付近に停めるためには、入口から入ったときに、出口付近の駐車場が空いているか確認し、
空いていればぐるっと園内と一周して出口ぎりぎりのところに停めてしまいましょう。
イルミネーションまでは少し歩くことになります。
しかし、帰る時間になる頃には、出口まで続くブレーキランプの数々…。
先に述べた通り、「東京ドイツ村を退園したい渋滞」が始まっているのです。
その中を徒歩で通り過ぎることができるので、すぐに園内から出ることができます。

しかし、結局のところ、渋滞は免れません。
クリスマス時期や11月、12月の土日祝日に行く場合は、渋滞を覚悟の上でお願いします。
渋滞中の車内も楽しめるといいなと思います

スポンサードリンク

-イルミネーション, 行事
-, ,