金融

スマホで株を売買するなら画像付き※注意点有り

2017/09/30

スマホで株を売買するのはそんなに難しいことではありません。というか、株を買うのってこんなに簡単なんです!と大きな声で言いたい。
初心者がスマホで株を買うならおすすめなのが楽天証券です。
楽天証券は、口座開設から株の売買まで全部スマホでできちゃいます。
スマホから株を購入するのはとっても簡単です。どれだけ簡単か実際に画像付きで説明します。
初めての株に挑戦される方はぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

株取引を始める前に、どんな風にして株を買うのかイメージしてみてくださいね。

まずは、楽天証券での口座開設をします。

アプリをダウンロードする

楽天証券専用のアプリをダウンロードしなくては始まりません。
「アイスピード」か「楽天証券」で検索して、アイスピードというアプリをダウンロードしましょう。
楽天証券13
株の売買はすべてアプリで行います。

アプリを起動して、口座開設の時に初期設定したログインIDとパスワードを入力します。
最初の画面はこちら
楽天証券9
一番下の真ん中にある「注文」をタップします。

次の画面はこちら 株を買う時も売る時も「注文」の画面から行います。
楽天証券10
「現物買い」と「現物売り」があります。「保有銘柄一覧」を見れば購入した株が上がっているのか下がっているのか、買ったときよりもプラスになっているかマイナスになっているか一目でわかります。
株を購入する時は、「現物買い」をタップします。

次に検索画面が出てくるのですが、いきなりなにを購入するか単刀直入に聞いてきます。
なので、この画面までになんの株を購入するのか明確に決めておきましょう。
少額から株を買うならこちらの記事を参考にしてください。
楽天証券11
検索バーに入力するのは、銘柄の名前でも4桁の番号(証券コード)でもOKです。
今回「イオン」で検索してみましたが、イオンがつくものがたくさん出てきたので、この場合は「8267」と数字で入力したほうがよかったですね。
私は個人的にイオンの株主優待が気に入っているので、イオンは株が上がっても下がってもずっと保有していたい銘柄の1つです。

スポンサードリンク

イオンをタップすると、現物買い受付の画面になります。
下記の画像を見ると、イオンの株は現在、1751.5円ということがわかります。
これは1株1751.5円という意味です。
「購買余力」というのは、名前のとおり、この金額までなら株をいくらでも買えますよという意味です。横にNISA枠というのがありますが、100万円まで非課税なので、それ以下の注文なら気にしなくていいです。
次に、「通常注文」「逆指値付通常注文」「逆指値注文」とあります。
この説明はややこしいので、初心者は通常注文で問題ありません。
次に数量です。イオンの株は100株単位でしか買うこと出来ません。
ということは、1株1751.5円なので、最低175,500円から買うことが出来るということです。
次に「指値(さしね)」と「成行(なりゆき)」を選びます。
指値というのは、自分でこの値段で買いたい!と指定出来るのです。
たとえばイオンの株が1751.5円なら1740円になったら買う!と決めることが出来ます。
成行というのは、注文を確定(執行といいます)したその時の値で買うことができます。
ただし、1秒ごとに上がったり下がったりしてますので、多少は思ったより高かったり低かったりすることがあります。
「執行条件」はすぐ買うなら「本日中」を選べばOKです。
楽天証券15
「口座区分」に「特定」と「一般」とありますが、特定口座にすれば確定申告をする必要がありませんので、特定を選んでおきましょう。
4桁の暗証番号を入力し、「確認」をタップします。

次の画面で執行を押すと確定します。
楽天証券16

成行で購入する時の注意点

15時から翌日の朝9時に注文はしないこと。土日も休みなので、注文しないことです。
たとえば16時に成行で注文したら翌日の朝9時に確定します。16時の時の金額と大きく変わっていることもよくあります。
そんな時は指値をうまく使いこなしましょう。

どうでしたか?株ってなんだか難しいイメージがありますが、とっても簡単に購入出来るんです。
難しいと思うことも1つ1つやっていけば慣れていきます。なにごとも経験です。
あとは、「保有銘柄一覧」から株が上がったり下がったりするのを見守っていくだけです。
株というのは買う時も売る時も手数料がかかります(それが証券会社の儲けです)ので、上がっても下がっても、すぐに売ったりしません。
もしも、メディアで「〇〇会社不正行為!社長脱税!個人情報漏洩!売上減!職員解雇!店舗閉鎖!」のような問題が出た場合はすぐに保有している株を売りましょう。明らかに株価が下がる可能性大です。
ニュースや新聞にも目を向けるいい機会になりますね。

なぜ楽天証券なの?

ネット証券には、楽天証券のほかに、SBI証券、GMOクリック証券、松井証券、ライブスター証券、マネックス証券などたくさんの証券会社がありますが、楽天証券にする理由はたくさんあります。
まずは他の聞いたことない会社より信頼出来るというのが一番です。
それから提携銀行が一番たくさんあるので、入金や出金の手数料が無料になるツールがたくさんあります。
売買手数料が他社と比べると同じぐらいか比較的安いです。
ちょくちょくキャンペーンを開催しており、楽天ポイントが別途もらえます。
マネーブリッジ(楽天証券と楽天銀行に口座がある)により、楽天銀行の普通預金の利率が0.02%から0.1%に引き上げてもらえる。
というように様々なメリットが楽天証券にあります。
楽天証券で口座開設をすれば、デメリットもなく損もしませんし、私が長年使っていて今まで不便だと感じたこともありませんのでおすすめです。

スポンサードリンク

-, 金融
-, ,