ランクルプラドTXタイヤ交換自分でやってみた!女性でも出来る!?

2017/04/24

ランクルプラドTXを購入して2年目になります。言うまでもなく大きくて重量ありすぎ!な車ですが、女子でもジャッキであげることが出来るかやってみました。
ランクルプラドのタイヤ交換に必須なアイテムたちをご紹介します。
自分でタイヤ交換をされる方は参考にしてみてください。


スポンサードリンク

ランクルプラドTXのタイヤ交換の準備アイテムは?

油圧ジャッキ

ランクルプラド自分でタイヤ交換油圧ジャッキ

こんなんで本当にランクルが持ち上がるの!?って思っていましたが、女性でも簡単にタイヤが浮くまで上げることが出来ます。
油圧ジャッキすごいです。

油圧ジャッキの重さが10kgあって、持ち運びラクラクとかいってますが、けっこう重たいです。

高さを稼ぐもの
目一杯ジャッキで上げてもタイヤは浮きませんので、下に厚み14.5cmもある木材を使っています。
これは、家にあった廃材です。(大工さんの忘れもの?)
ランクルプラド自分でタイヤ交換

この木材の上に油圧ジャッキを乗せて、高さをかせぎます。
木材もランクルの重みには耐えられないのか、木がへこんでいます。(写真右下)
油圧ジャッキのタイヤの跡です。

ただ、この木材、普通の家には置いてないと思います。ホームセンターに行ってもなかなか置いてないかもしれません。
似たような枕木という名前の木材を見つけたのですが、値段が高いです。
近くの工務店の人や、材木屋さんや、大工さんや、木材を扱っている会社があれば、切れっ端としてあるかもしれません。
ゆずってもらえるか交渉してみましょう。
うちにあったサイズは、縦14cm、幅25cm、高さ90cmの木材でした。
重量もかなりあるガッチリしたものです。

スポンサードリンク

③レンチ

私のは、いろんなサイズが使えるクロスレンチです。
17mmと、19mmと、21mmが2種類の4パターンが使えます。
ランクルは21mmを使っています。

あると便利なアイテム

【ゴムくん】

ゴムくんと呼んでいますが、調べてみるとアオリゴムという名前でした。

おそらく、使い方間違ってて、こうやって使うものではないと思うのですが、サイズがジャストフィットです。
高さも少し稼げます。
ランクルの重さで少しぐにゃぐにゃになっていますが、十分使えます。
ランクルのタイヤが浮くほど持ち上げた時には、毎回ゴム君がすっごくつぶれてかわいそうなことになっていますが、タイヤ交換が終わると元通りの形に戻ります。

なくてもタイヤ交換は出来ますが、あると傷がつきにくいのでおすすめです。
ホームセンターにはゴムくんのサイズがたくさんありますので、油圧ジャッキにちゃんと入る大きさにしてください。
私と同じ油圧ジャッキなら、50mm×50mmのサイズで購入すれば大丈夫です。

【タイヤリフター】

タイヤリフターはめっちゃ便利です。
ランクル1年目はタイヤリフター無しでタイヤ交換したんですが、タイヤを持ち上げるのが大変すぎて、腰が痛くなりました。
タイヤリフターは高さも微調整出来るし、タイヤリフターに乗せたまま、タイヤを右方向でも左方向でも少し回転させて微調整することも出来るので、ホイールの穴にぴったりはめることが出来ます。
もっと早く買っておけばよかったー!と思える便利グッズです。

ランクルのタイヤ交換をしてみて

私はこれまで冬タイヤ→夏タイヤ→冬タイヤ→夏タイヤと、4回ほど自宅でタイヤ交換をしてきました。
はっきりいって、女性一人ではかなり大変だと思います。タイヤリフターがあればかなりラクですが、タイヤリフターにタイヤを乗せるのも実際は大変なんです。(タイヤリフターに4本のコロが付いているのでタイヤを乗せようとしても逃げてしまったり・・・(;^_^))
交換も大変ですが、倉庫からタイヤを運ぶのも一苦労です。
タイヤ交換する道具さえそろえば無理ではないですが、誰でもいいので手伝ってもらったほうがいいですね。

スポンサードリンク

-
-, , , , , ,